2007年08月05日

小児喘息とアトピー

うちには、4人子供がいます。

全員アトピー、アレルギー体質です。

みんなそれぞれ その症状は違うものの
 
全員が「アレルギー性○○」という病気をかかえています。

アレルギー性鼻炎だったり、アレルギー性結膜炎だったり、
はたまたアレルギー性皮膚炎(一般にアトピーといわれるものですね。)

そして、このアレルギーによる 小児喘息です。


実はそれぞれ抱えている病気は一つではなく、必ず2つ3つ重なって持っています。

小児喘息の症状が出ているのは4人の子供の中で2人ですが、
その2人とも 上の全ての症状がでています。


長男が 初めてアレルギーの症状がでたのは、皮膚でした。

生まれて間もなく・・・1ヶ月たたないうちに 
その症状はでてきました。

何が悪いかもわからず、悩んでいましたが、

病院の先生が 
「無理かも知れないけれど パッチテストをやってみよう。」

とおっしゃってくださったので、受けさせることにしました。

パッチテストというのは
 
身体に ほんの少しだけアレルギーの原因になる可能性のものをつけてアレルギー反応をみるものです。

幸いにも 長男は 
背中に何種類もの液体をつけてじっとしていないといけなかったのですが、じっと頑張ってくれました。

だめもとで、この検査を 受けさせてよかったと 思います。

アレルギーのもとになるものは 
なるべく早くみつけてやめる、というか、
ある程度 身体がしっかりするまで、できればとらないほうがよいのです。

結果は卵!!
卵にアレルギー反応が強く出ていました。

もちろんその時点で、長男は 母乳とミルク以外口にしていなかったのですが、
私が 食べた卵が母乳を通して長男の身体に入ってしまっていたのでした。

それからは、私の卵から離れる生活が始まりました。
卵自体はもちろん、パンやその他の加工品と呼ばれるもの全てにといって良いほど
卵は色々なものに使われていました。

最近では、食品にアレルギーになるような物質の表示もあったり、
アレルギーの子供のためのお菓子なんかもあるのですが、

その頃はまだそんなものはなくて すごい苦労でした。
でも、1歳にならない息子の食べ物は
母乳がほとんどだったので、

フライの衣を付けるとき卵をつけず、牛乳でやったり、
とにかく、全て手作り・・・・・

それでも、大抵アレルギーの出る子は卵と牛乳と・・・・・
のように複数でるらしいのに

卵だけだったので、楽だったのかもしれません。
きっと、もっともっと大変なお母さんはいっぱいいるのでしょう。


しかも、ほこりに反応しなかったのも ありがたかったです。
私は 掃除が苦手だし、もし掃除が得意で大好きだったとしても
ほこりを 全くなくすのはきっと不可能でしょう。

そして、アレルギー反応がでるものが 食べ物だったから、
食べない・・・身体に入れないということが 可能だったのだと思います。


でも、このアトピー性皮膚炎 次々と形をかえ、
小児喘息の症状を引き起こす 始まりだったのです。


アレルギーマーチです。
posted by 小児喘息 at 12:16| 小児喘息