2007年08月05日

小児喘息の子供の病院選び

長男が初めて小児喘息の発作を起こしたのは 夕方でした。


そして、その後 何度も発作を起こすようになりましたが、

やはり、夕方が多いのでした。


それは、うちの子だけではなく、
小児喘息の子全般に言えることでした。


長男以外に末っ子も 小児喘息でしたが、
やはり 夕方に発作を起こしていたし

近所に住む 小児喘息の子供も 
夕方になると発作をおこしていました


そのため、かかりつけの病院が とても重要になるのでした。


私も、長男が何度も、しかも夕方に喘息の発作をおこすので
かかりつけの病院をかえなければなりませんでした。


初めて発作を起こした時 ぎりぎり診療時間に間に合ったものの、
何度か、夕方に発作を起こすようになり 
私は不安になりました。


うちのかかりつけの病院は
 
時間外診療を全くしていなかったからです。

そこの先生は 腕もよく、とても信頼できる先生でした。

でも、診療時間の18時をを1分でもすぎると 
電話にもでてもらえないのです。


昼間に 喘息の症状が少しでもでてれば 
もちろん昼間のうちに 病院に行っておきますが、

昼間 全くその様子はなく、夕方突然に!!
ということも よくあるのです。


しかたなく、夜に発作が起こった時は、緊急の夜間外来のある、
市民病院へ かけこみました。


それで、考えた結果、今までのの病院より少し遠い

時間外も診てくれる 小児科にかえることにしました。

今までの病院は バス1本で、しかも5分ほどで行ける場所にありました。

でも、今度の病院はバスで、5分その後、バスが通ってない場所で
徒歩20〜30分のところにありました。


車で行けば 10分ほどのところにあるのですが、
うちには 車もなく、喘息の発作の起きてる子を
30分歩かせるわけにもいかず、

常に タクシーで病院に行くことになってしまいました。

それでも そこの先生は 夜中に急に発作が起こって
電話しても こころよく診てくださるし


土曜日に病院に行くと、日曜は 休診なのに

「明日は、○○時ならいますから、
もし調子が悪ければ来てください。」

と 必ずおっしゃって 下さいました。

本当に 心強かったです。

小児喘息の子供の病院選び 


ポイントはやはり、時間外診療OKのところでしょう。

posted by 小児喘息 at 12:06| 小児喘息